会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   中国地方 ネットビジネス 50代 Yさん【救済の声】

中国地方 ネットビジネス 50代 Yさん【救済の声】


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

中国地方 ネットビジネス 50代 Yさん【救済の声】

インターネットのビジネスで売り上げ不振が続き、家賃や水道光熱費にも事欠く状態になっていました。

気がついたら、手元には1000円すらない状態でした。

仕入れを起こすビジネス形態ではないのですが、相次ぐ不況の波で売上は一向に上向くことなく、 低額設定にしているサポート料金も経費節約で、顧客が減っていきました。

すべてが縮小のサイクルに陥ってしまいました。

電話回線が解約になる、家賃の保証協会への支払い滞納で退去しなければならない瀬戸際、
全てが重なり、解決策がないまま、思案にくれていた時に、金森様の倒産救済会のメールが届きました。それが8月4日の事でした。

8月5日(日曜日)住む場所も無くなる状態に藁をも掴む状態で電話をかけさせて戴きました。

日曜日の午後9時前ホームページを拝見すると日曜祝日は休み、ましてこんな時間受け付けの時間は既に過ぎていました。

電話が繋がるだろうか?と思いました。

繋がらなかったらどうしようか。。と思った瞬間、金森さんが電話に出られました。

まさに命のホットラインでした。

金森様と電話とメールで何度かやりとりする中で、仕事先の紹介と住まいの確保をして戴きました。

それが、初めて電話をして数時間の内に決まりました。

失う物がない状態で、出会える事の出来たご縁、ありがとうございます。

金森さんのメールマガジンは2011年12月1日、2012年4月14日、2012年8月4日と過去3回受け取っていました。

最後の覚悟を決めて、電話をかけるまでの、まだ余裕がある時は、私もですがみなさん頑張ってしまいますよね。

今回、金森さんに紹介戴きました会社が、家賃の支払いや、旅費の立替、寮の確保等をして戴き、まさに身一つで移動しました。

復活のきっかけを与えて戴き、心の底から感謝しています。


<倒産の危機に直面し、苦しんでいる経営者へのメッセージ>

アメリカ、ヨーロッパの経済の落ち込みは日本へも多大な影響があります。

みんな苦しい、みんな大変な時代です。でも一人ではないんだ、理解しあえる人がいるんだと思って下さい。

人生経験の深さとは、大変な経験により得られる優しさだと思います。

成功経験より失敗経験からより多くのものを学びます。ひと年取ると、自分がこの世に産まれた役割を考えます。

価値観を多様化して粘り強い人生を一緒に歩みましょう。

人生勉強のために生まれて来たのであれば、なにもなかった人生なんてつまらない。底に足が届けば、蹴り上がるだけ! 一人でも多くの人に、金森さんの思いと活動を知って戴き、新たなきっかけになることを祈っています。



Home ->   中国地方 ネットビジネス 50代 Yさん【救済の声】


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ