会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   和解期日

和解期日


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

それからほどなくして、また裁判期日がやってきました。また例によって僕は東京地裁の廊下のベンチで頭を抱えて、目をつぶって、じっと考え事をしていました。 そうしたら、弁護士が少し興奮した面持ちで出てきて言いました。_「Kさんは、金森さんのいろいろな雑誌の取材記事とかを持っていて、ある程度支払い能力があると確信してるようなんだ。だから前回、和解に応じようとしなかったんだな。これは、ちょっとまずいことになってきたよ。下手したら、不動産のほうも調べられて執行をかけられる可能性があるね」 僕は、ギョッとしていました。Kさんがどこまで僕の調査をしているのかはわかりませんでしたが、僕の現状を把握しているのであれば、僕が上り坂であることも知っているだろうし、長期戦に持ち込んで、金利だけいただいて、あとは7300万円をじっくりと年利12%の金融商品として持ち続けるということも十分に考えられます。 残念だけど、終わったかもしれない…… でも、僕は5年間よく頑張ったほうだと思うんだけどな…… そう思ったら、悔しくて、悔しくて、自分の非力さを認めざるを得ないこと、まだまだKさんのほうがうわてなこと、僕は結局5年間太るのを待って食べられてしまう家畜であったこと、そんなあれこれが頭の中に渦巻いて、弁護士に何も言えなくなりました。 そして、僕本人から言い分を聞く、本人尋問の番が回ってきました。_「Y先生いろいろとありがとうございました。あと少しだけ裁判官とお話しさせてください。僕は、もうそれで十分です」 その時には、僕も緊張していて、弁護士にいつものくだけた口調ではなく、丁寧な言葉で話しかけていました。_「じゃあ、裁判官を呼んでくるから、部屋に入っていて」 僕は、和解のための6人ほどしか入れない部屋で、静かに裁判官を待っていました。 少しして、裁判官がやって来て、Kさんの主張を僕に伝えてくれました。 そして、僕は裁判官に説明するために用意してきていた、何枚かの書類を裁判官に見せて、一生懸命に説明しました。 裁判官は、僕のほうを見つめて、僕の話をじっと聞いてくれていました。_「じゃあ、もういいんだね」_「はい、もういいです。これで僕が言いたかったことは全部言いました」 そして、僕らは和解が決裂するかどうかの最後の時を迎えることになります。 それは、また僕が破産した上で、僕という馬鹿な家畜が、5400万円は利息分としてとられて、なおかつ免責が受けられずに7300万円の借金と年利12%、遅延損害金年24%の地獄の中にもう一度放り込まれるかもしれない運命の時でもありました。 そうなれば、僕はまたぎりぎりまで太らされて、殺さない程度に利息分だけ回収された上で、永久に借金返済だけのために、生きながら死んだ人生を送ることになるのです。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   和解期日


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ