会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   待ち伏せ

待ち伏せ


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

その日も、僕はいつものようにマックで閉店まで勉強してから夜遅く帰宅しました。 そして、アパートの前に来た時に、僕はすぐに異変に気づきました。 ドアの前には、何本かのたばこの吸い殻が落ちていて、その場所に長く誰かが滞在していたことを示していました。たぶん僕が帰ってくるのを待ち伏せしていたのだと思います。 それに、ドアの郵便受けにはメモが突っ込んであって、連絡をしてくるようにと書いてありました。僕は、目に見えない圧迫感を感じて、そのメモをその場で破り捨てました。連絡をしても、払えないものを詰められるだけの話ですから、連絡するだけ無駄だと思ったからです。 ドアを開けて部屋に入ると、今度は留守番電話のボタンが点滅しています。そして、メモと同じ内容のFAXが入っていました。間違いなく彼らからの留守電です。_「10件のメッセージが録音されています」その留守録を聞いて、ギョッとしました。_「1件目のメッセージです。カチッ、プープープー」_「2件目のメッセージです。金森さんいないんですか〜」_「3件目のメッセージです。いないんですか〜」…… 途中からは全部聞かずに消去しましたが、彼らが僕を長い間家の前で待っていたのは明らかでした。 夜遅く、弟が戻ってきて一緒に銭湯に行って風呂に入りながら、あれこれと今後の対応策を考えました。また、僕が知らなかった債務者を張り込む手口なども聞いて、夜間の債務者の自宅への訪問が法律で禁止されているということもわかりました。 よく、『自己破産せずに借金を返す法「特定調停」があなたを救う』(ダイヤモンド社)の読者の方から取り立て対策の章の防犯カメラとか、相手からの電話の録音装置などが真に迫ってるとか、取り立て対策が半端じゃなく詳しく手当されていると言われますが、それはそうでしょう、全部本物を使ってますから。 あの本に書いている取り立て対策は、現実に僕たち兄弟が行ってきたものです。 特定調停の本は、実は僕ら兄弟の著者としてのデビュー作です。人間、何が役に立つのかわからないものです。そうやって、取り立てを受けた経験が後に出版のチャンスとして戻ってくるとは、その当時は夢にも思いませんでした。 いろいろと取り立ての準備をしながら、借金の金額も金額なものですから、さらわれたりしたら困るので、催涙スプレーなどの護身用の武器の段取も整えつつあった数日後、今度は前回のメモと違ってちゃんとしたFAXが届きました。    「債権回収委任状」  当社は、U及びTを代理人と定め、左記業務に関する一切の権限を委任します。        記  当社(債権者)が金森重樹氏(債務者)に対して有する債権の内、金弐百萬円の請求及び回収受領に関する一切の権限。尚、受領はすべて銀行口座(東京三菱銀行飯田橋支店○○)に振り込みの方法に限定するものとします。以上        平成11年4月4日 東京都千代田区飯田橋○○     株式会社M          代表取締役  K     委任状の日付は1週間以上前の日付となっており、文章の末尾には、手書きで「本日中かならずTELを03─○○○○─○○○○」と付け加えてありました。 Kさんが彼らに委任したのは借金全額の取り立てではなく、そのうちの200万円の請求でした。もしかしたら、取り半(切り取り半分=50%)の金額を抑えて金利の膨らんだ部分のみ回収させるためかも知れません。というのは、債権の総額が明記されていないからです。 それで、僕はすぐに弁護士に依頼して、会社には取り立てに来ないようにとの内容証明を出してもらいました。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   待ち伏せ


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ