会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   自分を活かす場所を自分でつくる

自分を活かす場所を自分でつくる


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

また、今の僕の視点から考えると、他人のリスクの下でのマーケティングのコンサルティングというものは、基本的にはやるべきではないと思います。結局のところ、他社をコンサルティングしても、自分でその会社のリソースを自由にできる権限がなければ、所期の目標を達成することは難しいからです。 また、他社をコンサルティングすることは、自分でリスクを負うこととは違いますので、緊張感に欠けるところがあるからです。 その点、自社がスポンサーとして資金を投下して、再建する場合には、リスクは自分持ちですから、失敗したらダイレクトに自分に跳ね返ってくるので非常に面白いです。 必死度が違うから、自分の能力の発揮度合いも格段に違ってきます。 これは、たとえばホテルの再建を例にとると、今僕のところでは高崎、松本、苫小牧の順番でホテルの再建をしてきていますが、この順番で難易度が上がってきています。そうすると、苫小牧の場合には、松本や高崎以上のノウハウがないとなかなか稼働が上がってきません。そこで、苫小牧のマーケティングについて、朝から晩まで猛烈に考える。そして、無数の施策を講じていくわけです。その過程で、松本や高崎の立ち上げの時には見つけることができなかったようなコツが発見できたりします。 これは、松本や高崎の時には、そこまでしなくても簡単に稼働が上がったため、力を完全に出し切れていなかったからです。それで、苦労して発見した苫小牧の技術を他の二つのホテルに投入すると、毎日満館が達成できるようになります。それだけ、自分に力がついたということです。そうすると、苫小牧で苦労した分が3倍になって報われてくる。 だから、リスクは自分持ちの再建のほうがコンサルティングより何倍も面白いのです。また、再建の場合には自社のリソースでやりますから、他人が反対するようなマーケティングプランでも自分に勝算があれば実行可能です。 ただ、集客が完全に軌道に乗ってきて、あとは広告宣伝費を投下すれば、確実にリターンが上がってくるようになった時には、僕は毎日の運営を管理するのは苦手です。 だから、きちんとまじめに運営をやっていく能力のある人がそれをやったほうが、うまくいくと思っています。 自分を活かせる場所をきちんと自分で見つけて、そこでがんばる。自分ができないことは、できる人にお任せする。そのためには、自分の活かせる場所を作るために再建投資をする。 これが、今の僕が自分を活かせることじゃないかと考えます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   自分を活かす場所を自分でつくる


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ