会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   海外の事例の調査から

海外の事例の調査から


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

名簿の時間軸での調査はすぐに終わりましたが、空間軸での調査、つまり海外の事例の調査は「何がわからないのかわかる」までに1年以上かかりました。 その頃には、僕が働いていた会社は店頭市場に株式公開し、公開準備室が役割を終えてなくなったことから、僕は財務部の中に組み入れられて相変わらず上場の仕事をしていました。今度は、東証2部上場のための準備でしたが、店頭登録の時とほとんどやることは同じで、相変わらずIIの部を作っていました。 東証2部でもIIの部が必要だったからです。公開業務はほとんど全部僕がやったんですが、手柄はT部長が全部持っていって、彼は常務に引き上げられていましたが、僕は気になりませんでした。 僕には、莫大な借金がありましたし、ハナから会社で出世するつもりなどありませんでした。それよりも、公開業務を通じて会社の仕組みを理解して、自分が会社経営をして金を稼ぐ時に役立つよう、研究に没頭できることに僕は価値を見出していました。 で、その空間軸の話ですが、名簿の海外の事例を調べ始めてすぐに、名簿に関連する事柄が、海外ではマーケティングという分野で研究されていることがわかりました。 僕はようやく「何がわからないかがわかった」状態にまでたどり着いたのですが、マーケティングを身につけるために今度は会社帰りのマックでの勉強は、中小企業診断士の勉強に変わっていました。 ちょうど、弟が「週刊少年ジャンプ」かなんかの雑誌の裏についていた通信販売の資格講座を買って、1冊の最初のほうだけ読んでぶん投げていたのが押入れの奥に入っていたので、幸いなことに教材のお金は1円もかかりませんでした。 診断士の勉強は、今僕が持っている経営上のスキルのベースを作るのに役に立ちました。 もちろん経営とか、財務とか労務とか、そういった管理系の内容はすでに自分で勉強していましたから、だいたいは知っていたのですが、マーケティングの部分に僕は強く惹かれました。 僕は、この診断士の勉強を通じて、海外のマーケティングの書籍を調べたり、国内の事例を調べたりしながら、どんどんこの世界にハマっていきました。 今僕がマーケティング関連の洋書の翻訳とか監修をしているものは、その時に調査した本が多いです。 診断士の資格自体は1年もあれば取れるものですが、あくまでもこれは「何がわからないかわかる」ためのものだと考えたほうがいいと思います。 登場するマーケティングのテーマについても、ほんの概略をなぞるだけの底の浅いものです。 よく診断士は足の裏の飯粒と同じで「取らないと気になるけど、取っても食えない」などとする人がいますが、当たり前です。診断士は「何がわからないかわかる」ためのものであって、それだけで食っていけると思ったら甘いです。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   海外の事例の調査から


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ