会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   過去最高益達成がなぜ可能か

過去最高益達成がなぜ可能か


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

結局デベロッパーは、いくら過去最高益を出していても、資金が回らなければ即死です。 また過去最高益を出していても、土地値が安い時に仕入れた物件を売っている分には、益出しができますが、仕入れ値が高い物件は、益出しができません。かといって損切りをして損失部分を自分で補てんするだけの資金がないデベロッパーは、損切りもできないため、ずるずると在庫が積みあがったままで売れる分だけを売っていくので、過去最高益が表面上は達成できます。ただ、在庫の積み増したるや恐ろしいほどの規模になっていきます。 売れ残った在庫を処分しないと、銀行からの新規融資が受けられなくなります。一方で、在庫を損切り処分すれば、手元資金がなくなって、大幅赤字、下手すれば即倒産のため、前にも後ろにも進めないままで、販管費だけ垂れ流して死期をじっと待つことになります。 だから、デベロッパーの最高益達成というのはまったく当てにならない話です。普通の会社でいえば、安く仕入れた商品だけガンガン販売して、高く仕入れた在庫が年商に匹敵するくらい残ってしまったというような、めちゃくちゃな状態です。 それでもやってこられたのは、日本が土地本位制で、土地が担保になれば、異常な在庫が残っていても融資が受けられたからですね。通常の会社であれば12ヵ月分も在庫が残っていたら、商品にはほとんど担保価値がありませんので、そこまで銀行が融資をしてくれません。 そんな中で、財閥系のデベロッパーはグループ内の銀行などの融資のパイプを確保していますから、最終的に新興系のデベロッパーが潰れるまで危機が悪化した時に、思いっきり叩いて不動産を総取りすることができます。 僕が財閥系のデベロッパーだったら、新興系が全部潰れるまで政府と組んで貸し渋りで新興デベを追い詰めて、最後に潤沢な資金で、窮地に陥った彼らから捨て値で種地を拾うと思います。資金繰りに行き詰まったデベが開発余力がなくなって、更地のままぶん投げることは十分に想定されますから。あるいは、完全に倒産した段階で、ゆっくりと管財人から物件を拾っていくでしょうね。 その時には、新興系のデベは、おいしい物件だと思っても資金余力がなくて、また自分たちの火消しで手一杯で、とても新規の物件獲得に動く余力がないため、指をくわえて眺めているしかないでしょう。 そうして、これは僕の個人的な見解に過ぎませんが、これは元ヤン系成り上がり対エリートの戦いだと思うんです。 子供の時には、喧嘩の強い奴とか、足の速い奴はクラスのヒーローですよね。逆に、勉強ができる奴はガリ勉とか言われて下に見られている風潮があると思うんです。ところが、資本主義社会では、結局はガリ勉と呼ばれた人間が、権力の中枢に辿り着いて、政治・経済を支配するようになります。 ガリ勉と呼ばれた人間が、元喧嘩の強い奴とか足の速い奴をアゴで使うようになる。 昔やられた分、余計にいじめ倒します。これが昔のクラスのヒーローのなれの果てです。 そこで、彼らはエリートに対する強烈なルサンチマンを感じるわけです。 他の業界だったらたいていの構図は、それで終わりです。 でも、不動産業界は、腕っ節と度胸とで成り上がることができる数少ない業界の一つです。 元ヤンキー、年少帰り、そんな人間であっても、立派な見栄えのする会社の社長になって、高級スーツを着込んで、高級車を乗り回して、銀座で豪遊して、芸能人のタニマチをして「社長! 社長!」と呼ばれていい気分になって、愛人を囲って、いっぱしの経営者として晴れの舞台でビジネスがやっていけるわけです。 一方で財閥系不動産の人間は優秀な大学を出て、場合によっては海外留学を経験してMBAを取って、不動産鑑定士の資格を持っている奴は社内にゴロゴロいるわけです。また、その親もビジネス社会でそれなりの立場にある人間が多かったり、その友達もメガバンクに就職していたり、金融庁に行っていたりします。そういった財閥系の会社の文化は新興系の会社の文化とは相反するものがあります。 勢いだけで成り上がった新興系に対して苦々しく思っている。そういった、異文化のせめぎ合いとか、不動産業界で成り上がりの人間の参入を排除する動きとかが、反社会的勢力の規制の背景としてあったのだと、僕は勝手に思っています。 財閥系は国の金融政策とか、銀行の融資規制とかの流れを自分たちで作る力を持っているわけです。そして、金融工学の虚と実の境界線もしている。 それで、10年単位のスパンの中で、毎回新興不動産を太らして捕食するということを繰り返してきたのかなという気がするわけです。 元ヤン系成り上がりVSエリートの戦いは、ハナから勝負の結果は見えていて、歴史は繰り返しているんじゃないか……。毎回、間引きが行われているだけなんじゃないか……。 僕が平成9年当時に感じたこと、そしてあれから12年の歳月を経た平成21年に感じていることの間には、さほど変わりはありません。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   過去最高益達成がなぜ可能か


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ