会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   IIの部

IIの部


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

マンションデベロッパーがわずかな人数で、数十億円の売上を叩き出して、短期間に株式を公開できて莫大な創業者利益を得ることを知って、僕はこの株式公開業務とデベロッパーという事業に、にわかに興味がいてきました。 その理由は、この業務が僕の借金返済のかのヒントになると思ったからです。 ところで、当時の僕の仕事の中心を成していたのは、「登録申請のための報告書」(一般にIIの部と呼ばれるもの)の作成業務でした。 IIの部では、会社設立、労務の状況、事務の組織・運営、業界・事業の内容、業績、経理の状況、関係会社の状況、利益計画等の非常に広範囲の内容の記載が要求されていました。 簡単に言えば、会社の事業経営全般について詳細かつ具体的に説明することが要求されます。 通常の会社でしたら、それこそ3〜5人程度の証券会社出身の専門のスタッフなどからなる一つのチームがないと作成できないような代物です(少なくとも当時の店頭登録市場の株式公開準備においてはそうでした)。 ですが、当時の僕はサラリーマンになりたてで、会社勤めの経験もありませんでしたから、仕事というのはこの程度の難易度というのは当たり前なんだろうなと受け止めて、多少作業量が多いと思いつつも与えられたテーマに取り掛かりました。 最初は、比較的実社会との関連性の薄い分野から手を付けていきました。その当時の僕は社会人経験がありませんでした。お客さんと接したこともなければ、マンション販売というものがどういうものかもまったく理解していませんでしたから、概念的な操作だけで完結しやすい管理系、つまり人事、労務、総務系の書類作成から進めるほうが手をつけやすかったからです。 ただ、手をつけやすかったといっても、それぞれの業務は通常であれば習熟するまでに数年を要するものばかりでしたので、苦労しなかったといえば嘘になります。 管理系の書類作成の過程で、僕はいやおうなくいろいろな資格を取ることになります。 たとえば、労務系の整備にあたっては、労働安全衛生法に基づく衛生管理体制が必要とされていますが、その整備のために衛生管理者の資格を取得したり、会社の総務系の書類を整備するために、行政書士の資格を取得したりといった具合です。 また、業務系でも会社で取らされた宅建主任者の他に、各部署から貰う資料の専門用語の読み込みのために測量の資格を取ったりしていきました。 周囲の人間からは資格オタクと思われていたかもしれませんが、試験に合格する水準の知識を身につけなければ、僕にはバックアップしてくれる人がいませんでした。自分で自分を助けていくほかなく、そのために真剣に取り組んだ結果が資格の取得という形になったわけです。 経営者となった今、僕は資格については重んじていませんし、自分の名刺に保有資格を入れているわけでもありません。ただ、その時資格取得の勉強をしたことは意味があったと思っています。単に、資料を参考にしながら書類を作成するのと、試験という形で質問を投げかけられながら、自分の知識の精度をあげていくのでは、知識の裏付けに格段の差があることは明らかですから。 また、株主総会の開催のために月3回届く旬刊「商事法務」を隅から隅まで読んで最新の商事法務の動向を勉強したり、宝印刷というIIの部の印刷会社(ここは単に印刷をするだけではなく、書類の内容チェックをしてくれたり、株券の印刷もする特殊な印刷会社です)の公開準備セミナーに出たりしました。 昼は、会社で書類作成をして、夜は家に帰ると寝てしまうので、閉店まで渋谷の駅前のマクドナルドで必要な資格の受験勉強をしたり。夜、マクドナルドのテーブルで疲れて知らない間に突っ伏して眠っていて、冷房で風邪をひきそうになったことも何度もありました。 傍から見たら、変なヤツだったでしょうね。会社での飲み会などの人づきあいもしませんし、会社が終わったら残業もせずにさっさと帰って勉強しているのですから、この人は何を考えているんだろうと思われていたでしょう。 僕は年間600万円という金利と年間936万円の遅延損害金が追いかけてくるから走っていただけなんですけどね。背負っているものが違いますから、動きが違ってくるのは当たり前の話です。当時の僕の新入社員としての年収が360万円でしたから、そのまま会社で働いていたのでは、元金が減らないどころか、金利が膨張する一方だったわけですから。 そんな頑張りの甲斐もあって、書類の作成は会社を担当する監査法人や幹事証券もびっくりするくらいの、かなりの精度で進捗していきました。そして、僕もその途中で関連の資格を取得して、どんどん派生する知識がついていきました。今は、それらの知識はほとんど忘れてしまいましたが。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   IIの部


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ