会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   外人ハウス

外人ハウス


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

そうやって巨額の借金を負っている人の話を聞いて回っている間にも、僕の金利は毎月50万円ずつは膨れ上がっていた計算になります。 そして、僕はそのことを弟に指摘されるのが嫌でした。_「お兄ちゃん。毎月、借金ばかりがどんどん膨れ上がっとるが……金利とか、いったいどうするつもりなん? 返さんでええんか? ちょっとでもバイトして、金利を返したほうがええんじゃないの?」 借金のことを指摘されるとつい、カッとなって言い争うことが増えてきました。 人間は、自分が痛いところを指摘されると、それが正論であればあるほど、反論のすべがなくて腹が立つものですね。 もしかしたら、そのいらだちは自分のふがいなさに向けてのものかもしれませんが、怒りの矛先はどうしてもなじられた相手に行ってしまいます。 そして、そんなことを毎日言われて喧嘩ばかりしていたのでは、疲れ果ててしまいます。 いたたまれなくなって弟と同居していたアパートを出ました。 そして借金つながりで知り合ったNさんの紹介してくれた、早稲田鶴巻町の外人ハウスに転がり込んでいました。 今でこそゲストハウスなんてシャレた名前がついていますが、当時は「外人ハウス」とか「コスモポリタンハウス」とか言われていたそれは、日本の大家さんにアパートを貸してもらえない外国人と、日本人でも、わけありで流れてきている人間の溜まり場になっていました。 日本人が何故ここに住むかといと、ここは保証人も素性も問うことなしに、キーマネーという僅かばかりのお金を支払えば、共同部屋を提供してくれて、毎週の家賃さえ前払いで支払えば、敷金を払うだけのお金を持ってなくても入居できたからでした。 この外人ハウスはお互いの素性を話したくなければ干渉しないでいてくれて、部屋にこもることもできますし、人恋しければ台所に集まってみんなでワイワイやっている輪の中に入ることもできる、他人との距離を測ることができる居心地がいい空間でした。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   外人ハウス


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ