会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   手仕舞いの後の5000万円の借金

手仕舞いの後の5000万円の借金


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

取引開始から手仕舞いまでの11ヵ月間に僕が行った取引は、集計して225回。 僕が、委託証拠金として入金した金額は5325万5640円。 そして、手仕舞い後の僕の残金79万3845円をここから引くと、電卓には僕の損失総額が表示されました。  52、461、786円 ご、ごせんまんえん、って……。 その数字が表示された瞬間、電卓を押す指がかじかんで震えました。 家が1軒買える金額を僕はわずか11ヵ月の間に溶かしてしまったのです。 僕は、薄暗いアパートの中で、カビ臭い畳の上にうずくまって、僕のフリーターとしての年収の22年分にも相当する損失総額を静かに噛み締めていました。 そして、売買報告書を眺めていた僕は別の事実に、嫌でも気づかざるを得ませんでした。 H氏の投資会社が、商品取引で稼いだ委託手数料すなわち、H氏が僕をカモにすることによって11ヵ月で稼ぎだした手数料は実に1458万8500円にも上るものでした。 これは、金のない者から金を吸って生きていく世界が、この世に存在することを僕が理解した瞬間でした。 商品先物の会社は、お客さんの損失と悲しみを糧として成長していく存在だということに今更ながらに気づかされました。 後に聞いた話では、銀行からの転職組でまったく新規開拓ができなくて、営業部でも肩身が狭くリストラ予備軍だったH氏は、僕というカモを見つけることで首がつながったとずいぶん喜んでいたという話です。 そして、この時の僕はまだ十分に認識していなかったのですが、実はH氏以外にも僕の商品取引による大きな損害によって利益を得ようとしている人が、僕のすぐ身近にいたのです。 それがわかるのは、しばらく時間が経ってからのことですが。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   手仕舞いの後の5000万円の借金


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ