会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   ポイント・オブ・ノーリターン

ポイント・オブ・ノーリターン


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

そして、僕は平成7年10月6日、Kさんの事務所で1000万円の借用証書にハンコを押すことになったのです。 ハンコを押した瞬間に僕のお腹の下のあたりが一瞬ヒヤッとしました。_「もしかしたら、借りた1000万円が返せない事態になるかもしれない……」 ハンコを押した瞬間に、同席していたH氏の顔からニヤッという笑みがこぼれるように見えました。 僕はついに死の沼に足を一歩を踏み入れてしまったのです。_「ポイント・オブ・ノーリターン」という言葉があります。 たとえば、脳死だったら限界点とも言いますが、この時点を越えた人間は回復する望みがなく、徐々に死んでいき、二度と生還することがありません。_「その先に一歩足を踏み入れれば、同じところへは二度と戻ってこられない地点」という意味です。 相場においては、自分のお金だけでやる分には恥も外聞も捨てればまたゼロからやり直せばいいですが、周囲の人間から借り入れを行ってまで相場を続行するようになるとおしまいです。_「周囲の人間から借り入れをする瞬間」ここが、ポイント・オブ・ノーリターンでしょうね。 僕は、この地点を平成7年10月に越えてしまいました。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   ポイント・オブ・ノーリターン


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ