会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   そしてまた時は流れて

そしてまた時は流れて


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

それからさらに1年の月日が流れて、平成7年7月。すでに東京に出てきてから3000日が過ぎていました。 僕は相変わらずKさんのところでアルバイトを続けていて、億万長者になるという夢を捨てきれないまま夢の続きを見続けている状態でした。 同級生が社会人として官僚になったりして活躍を始める中で、ただ僕だけがフリーターとして25歳の夏を過ごしていました。 世間は、地下鉄サリン事件、それに続く警察庁長官狙撃事件、オウムの幹部刺殺、教祖逮捕と大騒ぎしていましたが、僕の周りはまったく時の流れから取り残されたように凪いでいて、何も変わったことは起きませんでした。 自分を信じ続けて夢に人生を掛けるというのは、何歳くらいまで可能なのでしょうか? 芸人になりたくてオーディションを受け続ける人、バンドでデビューしたくて30代になっても頑張っている人、そんな人の中でうまくいって花開く人はごく一握り。 信じた自分が花開かなくて、自分が信じられなくなったり能力の限界を感じたりして、大多数の人はいつか、夢をあきらめて平凡な社会人に変わっていきます。 30歳になったらあきらめる? 35歳? それとも40歳? 潮時を誤って、最後はホームレスになってしまう人もいます。極少数の華々しくデビューする人の裏で、能力が開花せずにしおれてしまった無数の燃えカスのような人生があります。 もしかしたら、あなたも夢をあきらめた経験があるのではないでしょうか? 毎日のアルバイトの生活の中で、東京に出てひと山当てるという野望は遠いの記憶へと風化しつつありました。 そんな時、Kさんの事務所にKさんの経営していた学校の受講生だったというH氏から一本の電話がかかってきました。 一度挨拶に来たいからという話です。 Kさんは、それまでに延べ何万人もの受講生の指導をしていましたから、たぶんH氏が受講生だったかどうかは覚えてなかったと思いますが、H氏の申し出をに断る理由もなかったことから、呼んで話を聞くことにしました。 H氏が事務所にやってきて話したことの内容は、僕にはさっぱり理解できませんでした。 ですが、僕の理解によれば、生糸とか小豆とかを買っていけば資産が増えるという趣旨の話でした。簡単に言えば、投資の営業話です。 収入が少なかった僕は即座に断ったのですが、その後もH氏は世間話を兼ねて連日Kさんの所に電話してくるようになりました。 H氏は京都大学を出て順調に都銀で出世していたこと、バブル崩壊で投資していた株で大きな損害が出てしまって、埋め合わせのために銀行を退職して、退職金で株の損害を返済したことなどの苦労話を、ゆっくりとした温和な口ぶりで話してくれるようになっていました。 僕は、H氏の話す投資の内容については理解していませんでしたが、しだいにH氏の人柄については信頼するようになっていました。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   そしてまた時は流れて


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ