会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   無知は罪なり、知は空虚なり

無知は罪なり、知は空虚なり


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

クラス旅行の一件があって、僕は入学早々すっかり学校が嫌いになって、寄り付かなくなってしまいました。 東大生たちは、自分たちの勉強を通じて蓄積した知識によって、富、名誉、権力、その他自分たちが望むものを手に入れることができると確信していたわけです。官僚として失業のない安定的な生活の保証を得ながら。 僕は、生活の保証とか安定とかを求める同級生たちにどうしても馴染めませんでした。 「無知は罪なり、知は空虚なり」とはソクラテスの言葉ですが、僕は自分の能力の限界や実力の欠如が露呈することを恐れて、自分を取り繕うことだけを考えている物知り顔をした空虚な存在にだけはなりたくないと思っていました。 ただ、僕はその無知によってあとあと深い傷を負い、大きな代償を支払わせられます。 今の僕は、無知に対して二つの相反する考え方を持っています。 無知は、純粋の象徴でもあり、偏見や常識、予断がないため他の人が見つけることができない解決策を生み出す場合があります。ですから、無知が必ずしも罪だとは思っていません。 一方で、知識がないと社会においては大変な苦難の道を往く場合、途方もない対価を支払わなければならない場合もあります。 ですから、経験に裏打ちされた知識を十分に持ちながらも、その知識に囚われない偏見のない、ある意味無知な状態を保ち続けることが成功の要かと思っています。 ところで、東大生たちが持ち合わせていなかったのは、自分で糧を得るという発想でした。 彼らは、官僚になったり、大企業へ入社してお金を貰うことは考えていても、自らの手で顧客を創造して、お金を創り出すという発想はありませんでした。 彼らに、そしてその時の僕にも決定的に欠けていたのは集客の技術でした。それを「マーケティング」と呼ぶことを知ったのはずいぶん後になってのことです。メルセデスベンツを貯金して買うようでは一生富の扉は開けない


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   無知は罪なり、知は空虚なり


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ