会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   人生で最高額の買い物

人生で最高額の買い物


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

「何をお探しですか?」_「あ……、シャツの好いのがあったから、見とったんじゃけど……」 少しヤンキーの入ったきつい目をした20代の店員は僕の岡山訛りの答えを聞いて、少し口の端を歪めて僕を馬鹿にしたような笑いを見せました。 もしかしたら、いいカモを見つけたと思って、ニヤリとほくそ笑んでいたのかもしれません。その時の僕は、田舎者であることを見透かされたような気がして、身が縮む思いでした。 男性は洋服屋に入るのを苦手にしている人が多いのではないでしょうか? 僕は自分で服を買った経験がほとんどありません。子供の頃は、母親が近所のスーパーで葱とか豆腐とかの食料品を買うついでに、2階の洋服コーナーで買ってきてくれました。 母親は僕の靴の寸法から、ズボンの丈まで知っていて、もし丈が合わない時には、はさみで切って合わせてくれましたし、都会の子のように自分で服を選ぶ余地はありませんでした。 大人になった今でも、女房が靴から始まってすべての衣料を買ってくるので僕が選ぶ余地はありません。選べと言われても選ぶつもりもないですけど。 女房は、これはどこどこの靴だ、どこどこの服だといろいろと説明してくれるのですが、さっぱり僕の頭には入ってきません。 さて、僕は洋服屋に入ること自体に気後れをしていました。そこにきて、店員に田舎者であることを見透かされたと思った僕は、すぐにでもその場を立ち去りたくなっていました。_「お客さま、当店は初めてでしょうか?」_「はい」_「お近くにお住まいですか?」_「はい。吉祥寺の近くです」_「では、まずこのアンケートにご記入いただけますか?」 僕は、頭がクラクラしてきました。 シャツを買いたいだけなのに、東京の洋服屋はアンケートまで取るものなんだろうか……。 そういえば、何年か前の有線放送大賞で「夜霧のハウスマヌカン」という歌が選ばれていたけど、男のハウスマヌカンはなんて呼べばいいんだろう……。 よくわからないままに、僕はアンケートを記入することになっていたのです。 それから30分後、僕は、18年の人生で最も高額な商品を買う羽目になってしまいます。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   人生で最高額の買い物


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ