会社更生法申請など経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ
プロフィール
金森重樹プロフィール
1970年生まれ
25歳年収240万円のフリーターのときに負った5400万円の借金が5年間で利息と遅延損害金で1億2700万円まで膨れ上がる。
また、その借金は免責不許可事由に該当するため自己破産もできない状況に追い詰められる。
会社に就職してサラリーマンになるとともにマーケティング技術を極め、その後独立し10年かかって借金の完済に至る。
この借金の塗炭の苦しみから得た気づきを基に、借金で苦しむ人間同士が困難を切り抜けた人を交え、お互いに助け合える相互扶助のコミュニティを作る。
金森重樹プロフィール 続きはこちら
プロフィール

Home ->   所得税も年金も、サラリーマンは抜かれるばかり?

所得税も年金も、サラリーマンは抜かれるばかり?


会社倒産回避・会社更生法等『借金解決情報メルマガ』(無料)
会社倒産、破産、借金解決に向けた最新ニュース、会社更生法申請のご相談。
金森からのメッセージ、交流会などのイベント情報を配信しています。
フリーメール以外のアドレスをご登録下さい。(詳しくはこちら
E-Mail: 購読解除はこちら

では、サラリーマンに関係のある、国がやっているコソ泥とはなんでしょうか? それは、源泉徴収制度です。 本来所得税の申告は、本人がその年の税額を計算し、申告して納付する申告納税制度が建前ですが、給与所得者の場合には、そのようになっていないのはご存じのとおりです。 会社が徴税を代行し、給与から所得税額を差し引いて国に納付しているわけですね。 つまり、給与が自分の手に渡る前に、給料袋に手を突っ込まれて給料の一部を国家に先取りされて、所得税を持っていかれています。 ところが、サラリーマンの方は、手取りの金額が振り込まれるのを銀行で確認するだけなので、年に1回源泉徴収票を会社から渡されて自分の納税額について初めて知るという方が多いのではないでしょうか。 消費税を内税方式にしたのと同じ理屈で、源泉徴収制度は国民から痛税感を奪うことによって、役人のやりたい放題の放漫財政を許す原因になっています。 自営業者と違って、サラリーマンは自分の手にお金が渡る前にお金を抜かれてしまうわけですから、役人としては、これほど楽なことはありません。取りっぱぐれがありませんので。 役人は、予算を余らせて次年度に予算が貰えないことのほうが組織内では問題にされます。組織ぐるみでの経費の乱用、カラ出張、個人での経費のごまかしなど、どうせサラリーマンから抜き取ったお金なのですから元手はタダです。遠慮なくじゃんじゃん使います。 また、税金だけでなく年金もサラリーマンの場合には、事前に抜き取られますので、役人としては、遠慮なく使わないと、勿体ないです。自分が使おうが使うまいが、将来年金が破綻するのが1秒か2秒早まるだけですから。 以前に、社会保険庁が国民の年金で役人のためのゴルフ練習場を作り、ゴルフクラブはもちろん、ゴルフボール1個に至るまで国民の年金でまかなっていたという事件が発覚していますが、これなどもどうせ崩壊する年金制度の破綻が数秒早まったに過ぎませんしね。


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)
このコラムが本になりました。下のリンクからアマゾンで購入できます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記(金森重樹著)



Home ->   所得税も年金も、サラリーマンは抜かれるばかり?


会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ お問い合わせ 会社倒産救済会 経営者のための会社倒産回避相互コミュニティ

会社更生法申請のご相談。会社破産、会社倒産を回避。倒産回避相互コミュニティ